沖縄移住『退去立ち合いで、注意すること』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産について
DCIM100MEDIADJI_0052.JPG
不動産について
スポンサーリンク

どうも!

commaです!!

沖縄へ引越ししてます!!!

今日のテーマは、タイトルにもあるように

注意シリーズ第一弾!!!

『退去立ち合いで、注意すること』

です!借りていた部屋を出るときには、原状回復しなければならない!

と聞いたことはあると思います。

国土交通省から出ている

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版)

を参考にして記事を書いていきたいと思います!

 

実際に私、commaが沖縄へ出発する前に部屋の退去立ち合いを

した時の様子も含めて、書いていきたいと思います!!

この記事では、個人的な感情が含まれています。

気分を害された方がおられましたら、申し訳ございません。。

それでは、いってみよう~

スポンサーリンク

原状回復って?

原状回復の定義

「原状回復とは、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意、過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」

となっています。

定義をわかりやすく説明すると、家を借りて住んでいて、

1.わざと何かを壊したり、傷つけたりした場合は借主の負担で修繕する。(故意・過失)

2.壊れている、結露がバンバン出ているなど気が付いているのに賃貸人に連絡をせず、壁紙にシミが出来たり、カビが生える等(善管注意義務違反)

3.その他の通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損については、部屋の中をライブハウスにしてライブをして部屋の壁に穴が空きまくる等

わかりやすく、簡単に説明すると上記のようになるはずです。笑

1、2に関しては、普通に暮らしていても起こりうることだと思います。

3は、さすがにないと思いますが…。笑

経年変化・通常損耗

経年変化とは

建物・設備等の自然な劣化・損耗等

例として、部屋に日が差していて、壁紙が日焼けした、畳み、フローリングの変色、水道などのパッキン類の消耗など

通常損耗とは

賃借人の通常の使用により生ずる損耗等

例として、

・家具の設置による床、カーペットのへこみ、設置跡

・テレビ、冷蔵庫等の後部壁面の黒ずみ(電気ヤケ)

・壁紙等の画鋲、ピン等の穴(下地ボードの張替は不要な程度のもの)☞意外でした。

こんな感じです。

壁紙の画鋲に関しては、意外やった!これが通常の損耗に当たるんやな~。

勉強になりました!

 

実際の立ち合い1

原状回復、経年劣化、通所損耗について簡単に説明してきました。

自分が不動産屋で働いていた時に、退去の立ち合いに行ったことがあります。

その時は、部屋を軽く見て問題がなければ、鍵を返して書類の記入で、

はい!おしまい!!

ものの15分ぐらいで、終了という流れが多かったです。

今までも、

・退去の立ち合いはすぐに終わった。

・何も言われなかった!

っていう意見がほとんどでした。

次は、実際に私が体験した退去立ち合いについて、書いていきたいと思います!!

まず簡単に部屋の詳細から!

部屋の詳細

・間取り:1K(約8.6帖)

・設備:オートロック、オール電化、2口電気コンロ、バス、トイレ、独立洗面台、室内洗濯機置場

・備考:入居時に不動産屋より、前の入居者が綺麗に使っていたので、壁紙は張替えしていない。とのことであった。実際に壁紙には、シミがあり綺麗ではなかったが…。

部屋の詳細はこんな感じです。

実際の立ち合い

退去立ち合いには、管理会社指定した業者(リフォーム会社)がくるとのことでした。

どんな会社か事前に一応、ネットで確認。

Googleの口コミ………☆2つ。

大丈夫か?一気に不安になりました。

当日、12時~退去立ち合いの予定でした。13時には沖縄に向けて出発したかったので

できることなら、早く終わってほしい。

ってか15分ぐらいで終わるやろ!って思ってました。

実際に部屋は、めちゃ綺麗に使っていたし、入居期間も2年ぐらいだったので。

11時半頃、リフォーム会社より連絡あり。

渋滞で15分程、遅れるとのことでした。

12時過ぎ、駐車場を見ていると映画の爆破シーンでひっくり返ったんか?

ってぐらいボッコボッコの車が現れました。

ヤバい奴がきた。

インターホンが鳴るやろうと待っていましたが、一向にならないので

違うかったんか。と部屋の

玄関のドアを開けると、その男現る。

「どうも~遅れまして。どもども。では、中見ます。」

これは、大丈夫か?心配になっていく自分。

そして、立ち合いが始まったのです。

「このクロスの変色は?」

「あぁ~これは塗り直しやわ」

「これ赤いねんけど、なんか赤いマットひいてた?」

「これ、つっぱり棒か何かしてた?」

「これ、カビコーティングっすね」

「エアコンの説明書は?ない?」

何でタメ口やねん!!!!( `ー´)ノ

ジャルジャルのコント違うぞ!!!!

一個一個説明していきます。

「このクロスの変色は?」

これは、壁紙にシミが付いてたんですね。それを指摘してきたんです。何やねん。前の部屋のデータとかないんかよ!

タメ口にもイライラしていたので、説明することに

『入居時に不動産屋が、キレイに使ってたから壁紙とか変えてないって言うてたんです。だから前からですね」

これを説明しても、隈なく壁紙をチェック。

その様子に少し恐怖を感じました。

 

「あぁ~これは塗り直しやわ」

これは、キッチンのシンクの下の扉を開けた時の一言。

要は、板に黒いシミみたいなのが付いていたのです。

この板の上にシートを置いていたので、間違いなく自分ではないのですが

大した金額じゃないから、ええわ。って自己判断&タメ口にイライラして

これに関しては、何も言わなかったです。

今となれば、言えばよかった。

指摘したらタメ口で返ってくるのが、余計にイライラして何も言わなかった。

言うたら良かった~(*_*)

 

「これ赤いねんけど、なんか赤いマットひいてた?」

これは、脱衣所の床がうっすい、うっすい赤色になっていたのです。

2年住んでても気づかんかったのに、こいつよう気付いたな!!

ってレベルのもんでした。

当然、赤いマットなんて引いてないので、自分ではないと言いました。

 

「これ、つっぱり棒か何かしてた?」

これは、トイレでの話。

トイレの壁紙がめくれていたんです。

2年住んでて、トイレのそんな所、今日初めて見たわ!!!って

突っ込んだろかなって思うぐらい、上の方の壁を指さして言われました。

こいつどこまで、見よんねん。

結構、うんざりしてきました。

 

「これ、カビコーティングっすね」

これは、風呂場での話。

これは、カビが発生していたので、致し方ない。

この言葉を発した直後、見積書らしきものに15000円と素早く記載する業者。

やられた~。やられた。

詳細は、後ほど。

 

「エアコンの説明書は?ない?」

これは、そのまま。

古い古いエアコンの説明書をなくしたんちゃうの?ぐらいしつこく聞いてくる。

他の説明書に関しても、何度も聞いてくる。

しつこいねん!

『説明書類は、このファイルしかないから!!!』

遂にこっちもタメ口や!!!!!( `ー´)ノ

 

実際の立ち合い2

こんな感じでタメ口で、壁や設備品を舐めまわすように確認し、

これは、お前がやったんやろ!ってな感じで攻めてくる。

もう。わかりました。

是が非でも金を俺から取ろうとしているんだなと。

これが実際の見積もり書です☟

まず、室内清掃が29,100円。

これに関しては、契約書に金額の算出方法が記載されており、問題はなし。

続いて、「あぁ~これは塗り直しやわ」☞12,000円。

えっ?嘘やろ?あんなん2,000円で釣りくるやろ?

続いて、「これ、カビコーティングっすね」☞15,000円。

これは先ほど、お話した通りです。

続いて、「エアコンの説明書は?ない?」これね。

そう言うことですか。

この見積書をよく見てください!!!

エグすぎるやろ!!!笑

もし2つの取り扱い説明書なくしてたら、10,000円かよ!!!

全て合計すると

61,710円…(*_*)

敷金が40,000円ぐらいあったので、相殺して20,000円の支払いとなりました。

敷金は返ってくると思ったのに、何か後味悪く沖縄に行くな~って感じで、

出発するのでした…(*_*)

まとめ

自分には、リフォーム屋の後輩がいます。

これはあくまで、聞いた話です。本当かどうかわかりませんし、

適切な金額で施工されている業者の方もおられると思います。

あくまで、リフォーム業をしている後輩から聞いた話です。

「金額なんてあってないようなもんっすよ。」

確かに自分が不動産業会にいる時、先輩たちはリフォーム施工の契約を

家主から取るのに必死でした。

何故かと言うと。。。

懇意にしているリフォーム会社から、見積もり書を作ってもらい、その出てきた

金額に更に上乗せして、見積書を作ります。

その上乗せした分を不動産屋が貰うって事が行われていました。

小遣い稼ぎみたいなもんですね。

何が言いたいのかと言うと、今回のリフォーム代金もそんな感じなんちゃうか?

って感じなんですよね。

「金額なんかあってないようなもん」

だってね、塗装とかカビコーティングとか何のためらいもなく金額書いたし、

普通、施工金額の確認とかあると思うんですよ。

う~ん。シンクの塗装はいくらやったかな~?って感じで。

シンクの塗装か~12,000円ぐらいでええか!

みたいな感じで書いたんです。

もしかしたら、その立ち合いした人が、めちゃめちゃ仕事ができて

施行金額も全て頭に入っていてってスペシャルな人やったのかもしれません。

しかし、遅刻はする、タメ口。。。これで、スペシャルなはずがない!!!!

すんません。愚痴になってました。( 一一)

最終的に言いたいことは、

入居した際は、部屋を隈なく確認して、原状回復にかかるガイドライン

を使ってチェックを入れて、気になる箇所は写真を撮りましょう!!

今回、指摘された箇所を否定せず、全てハイハイって言っていたら、

見積書の金額がどうなっていたのかと考えると…恐ろしい…(´゚д゚`)

女性の方は、一人で退去立ち合いをするのではなく

誰か友達でも彼氏でも親でもいいんで、いた方が安心できると思います!

一人だとガンガン攻められる可能性もありますので!

 

退去するってことは、新しい生活がもうすぐ始まるって事じゃないですか。

退去立ち合いから、新しい生活へ進んでいくと思うんです。

その立ち合いで、嫌な気持ちになったり、何か納得できんってなったら

新生活に気持ちよく入っていけないと思うんです。

私commaの場合は、沖縄へ出発!!!

ってところの一番最初につまずいたみたいな感じがして、

なんかスッキリしませんでした。

まぁ~部屋のチェックをしていなかった自分が悪い所もありましたが…。

今回は、愚痴が多くなり申し訳ありませんでした。

あと、リフォーム業者さんにも生活がありますし、売り上げも重要です。

今回の記事は、私commaの賃貸物件の立ち合い業者のみをさしていますので、

リフォーム業界に携わっておられる方で、気分を害された方がおられた場合は、

申し訳ございません。

 

今の沖縄の部屋は、鍵渡しの日に担当のおっちゃんも部屋に来て、

何も問題ないか一緒に確認してくれました!!

本当にいい不動産屋さんに出会えてよかったと思いました!!(*‘∀‘)

何か質問等があれば、Twitterでもブログでもかまいませんので

コメントいただければと思います!

それでは、今日はこの辺で~

モグランキ~👋

この記事を書いた人
comma

沖縄が好きで、好きでたまらなく
沖縄移住したcommaです!
主に沖縄での日常について書いています☆

commaをフォローする
スポンサーリンク
commaをフォローする
日常,comma,劇場

コメント

タイトルとURLをコピーしました