【20歳の大晦日】 第一章 『出発』

スポンサーリンク
書き物(実体験、小説みたいな作品など)
書き物(実体験、小説みたいな作品など)
スポンサーリンク

【20歳の大晦日】

第一章  【出発】

20歳の時の出来事です。

ちなみにノンフィクションです(‘◇’)ゞ

いまからもう10数年前の大みそかの日に起こったことです。

以前、別の記事にも登場した赤のモヒカンにした友人(今回はTと呼びます)と

 

comma「なんか大晦日やのにどっか行くとこないやろか~」

T『どっかいきたいよな~。。せや!スノボー行きたい!!!

 

そう。Tの鶴の一声で、大晦日にスノボーに行くことになりました。

初めてのスノボー。

スキー場は、中二の修学旅行以来。この中二の修学旅行。事件が起こったんです。

この事件については、後日記事にしたいと思います(‘◇’)ゞ

ってわけで、スキー場にはいい思い出がなかったんですね。

しかし!!Tの熱い思い!!無邪気な少年の思いに応えようではないか( `ー´)ノ

と自分を奮い立たせ、スノボーに行くことを了承しました。

大みそかの15時にTが私commaの家まで来ました。

準備はバッチり!と言わんばかりの笑顔。

荷物はなし。笑顔のみ。

さっそくTと私commaは、comma母が所有していた3ドアのトヨタRAV4に乗り込み出発しました。

行く道中、ある事に気付きます。

 

comma「しまった!!!ズボンを忘れた!!あのシャカシャカするようなズボン!!」

 

T『行く途中に100均あるで』

 

comma「100均のカッパのズボンで大丈夫よな?」

 

T『いけるやろ』

 

ってなことで、途中で100均により、シャカシャカズボンの代わりに

カッパのズボンを購入して再出発しました。

しばらく走り、いよいよ高速道路に続く国道に到着しました。

しかし!国道に入ろうとすると看板が置いてあり

「この先、凍結の恐れがあり進入禁止です」

 

comma「進入禁止やってよ。どうしよか。」

 

T『とりあえず、前の車についていこや』

 

comma「せやな」

 

20歳の若造。何も考えず、前の車がどこに向かっているのかもわからないまま

ついていくことにしました。

当時、車にナビはついておらず、グーグルナビなどもなかった時代。

事前に道を調べるか、地図を見ていかないとだめだった時代。

何の不安感もなく、ゲラゲラ笑いながら、前を走る車についていくことにしました。

しばらく走ると、運よく高速に繋がる国道にのることができました。

Tに先見の明があったのかと驚くばかり。

そのまま、名古屋方面へと車を走らせて行きます。

名古屋に着く頃

 

comma「ちょっと休憩しよか」

 

T『せやな。飯も食いたいし』

 

と言うことで、名古屋に入ったぐらいでサービスエリアに立ち寄ることに。

 

comma「そろそろ、スキー場決めた方がいいんちゃう?」

 

T『せやな。どこにしよか?』

 

そう。この時、どこのスキー場に行くか当てもなく車を走らせていたのです。

地図を眺めながら、ここから近いスキー場を流す二人。

 

T『ここでいんちゃう?』

 

Tが指差したスキー場。忘れもしない。

【高鷲スノーパーク】

 

 

comma「ええやん。岐阜か。初めてやしな。飯食ってからいこか」

 

T『せやな~。腹減ったしな』

 

その後、私commaはカレーを食べ、Tは何を食べたのか覚えておりません。

腹も満たされたので、出発することに。

その後、快調に車は高速道路を走っていきました。

二人のテンションも徐々に上がっていくのが分かるぐらいでした。

大みそかの夜に高速道路をぶっ飛ばして、スノボーに行く俺たち。

イケてるやん!!!( ̄д ̄)

二人をそんな空気が包んでいました。

わいわい。ガヤガヤ。

喋りながら車が進んでいきます。

大晦日の晩。

さすがに交通量も少ないな~と思っていると、目の前で旗を振る人。

 

comma「何か旗振ってないか?」

 

T『ホンマやな。事故か?』

 

旗の主に誘導され、サービスエリアに入りました。

確か美濃ICだったと思います。

 

旗主「すんませーん!この先、凍結の恐れがあるんです。チェーン持ってますか?」

 

comma「チェーン?持ってないです。。。。。。( ゚Д゚)」

 

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

しまった!!!!

やってしまった!!!!!

何故気づかなかったんだ!!!!

シャカシャカズボンは気づいたのに!!!!

バカヤロー!!!!!!!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

そう。車に装着されていたのは、ノーマルタイヤだったのです。

 

comma「チェーンもってないですね。」

 

旗主「それだったら、ここから先は通行できませんね」

 

comma「チェーンって売ってますかね?」

 

旗主「ガソリンスタンドならあると思いますよ」

 

comma「わかりました。ありがとう」

 

と言って、サービスエリア内にあるガソリンスタンドへ向かいました。

 

comma「すんません。この車にあうチェーンっていくらぐらいしますか?」

 

ガソリン定員「4本で4万ぐらいかな」

 

この時、二人の所持金は合わせて約6万円。

ここでチェーンを購入すると、一人1万円しか残らない。

無理だ。

ここで、この旅は終了するんだ。

やはりスキー場にはいい思い出なんてないんだ。

そう頭の中で思いが駆け巡っていました。

 

comma「しゃーないな。こっから先は無理やから帰るしかないな」

 

T『俺は諦めたくない!!ここまで来たから行きたい!!!』

 

comma「運転してんの俺やぞ!!無理やって帰ろうや!」

 

T『せっかくここまで来たんやから行きたい!!!!』

 

Tよ。なぜそこまでの熱意があるんだ。

負けたよ。その熱意に。

 

comma「わかった。そこまで言うんなら行くしかない。」

 

そう言って、サービスエリアから下道に入るのだった。。。

 

 

第一章 【出発】完

第二章へ続く

下道に降りたcommaとT。

二人を待ち受ける展開は……。

第二章に続きます。

今日はこのへんで~。

モグランキ~👋

この記事を書いた人
comma

沖縄が好きで、好きでたまらなく
沖縄移住したcommaです!
主に沖縄での日常について書いています☆
お仕事ご依頼などは、『お問い合わせ』から宜しくお願いいたします。

commaをフォローする
スポンサーリンク
commaをフォローする
日常,comma,劇場

コメント

タイトルとURLをコピーしました