沖縄の糸満自練で大型二輪免許を取りました!

スポンサーリンク
沖縄生活
沖縄生活
スポンサーリンク

皆様、お世話になっております。

 

痒い場所には、天花粉(てんかふ)をポンポンすると落ち着く私がcommaと申します。hi!

寒くなってきて、乾燥シーズン!!

 

痒い痒いの飛んでいけー。廃。

 

ってことで、今回は、長年の夢であったことについて書いていきたいと思います!!

【沖縄に来てからバイクの免許を取りました!】

ってことで、沖縄に来てからバイクの免許を取った話です!

 

それでは、行ってみよう~★

 

長年の夢

このブログでちょいちょい出てきてる

『自練』の話。

以前にも話をしましたが、沖縄では自動車学校のことを

『自練』って呼ぶそうです。

最近まで、その自練に通っておりました!

そうです!バイクの免許取得の為に★

 

高校の同級生が乗っていたSRに憧れて

バイクってかっこいいな~って思ったのが高校の同級生が、いきなり

「今から家行くわ~」って連絡があり、そこまで仲良くないのに気まずいな~

って思っていたら、その同級生がYAMAHA SRで登場!!

 

おーーかっこいいーーー!

バイクがかっこいいと思った瞬間でした。

 

あの当時、17歳ぐらいでしたか。17歳でSR乗ってるとか渋いな~

昔は、今と違ってバイクも安かったんですよー。

あの時代が懐かしい。

 

きっかけが、なかなかなく。腰が重くなる一方。

バイクの免許取りたいな~と思うものの、なかなか重たい腰が上がりません。

私の20代はですね。本当にブラックな10年間でした。

 

もう仕事仕事仕事。みたいな感じで、ブラックの中にいたんです。

言い訳をするならば、時間がない!休みがなかったのも、重い腰が上がらない

原因だったのかな~と。

 

30代で落ち着くも腰が上がらず

17歳でバイクがかっこいいと思うも、

「また教習所行くの面倒やな~」と色々、言い訳や御託を並べ教習所に行かずじまい。

 

そして30代で専門学校に通いだし、卒業。

就職、時間もでき職場の人たちがバイクで通勤したりしているのを見て

 

バイク熱が再熱!!!

しかし!

この頃の私は、沖縄に住みたい欲がMAX

沖縄移住の資金を貯めるため教習所は無理だな~と

 

またまた言い訳と御託を並べる日々。

そして、沖縄に引越しするのでした。

 

沖縄で出会った最高の自練。『糸満自動車学校』

沖縄に住んで来月で2年なのですが、昨年はバイクのことは、すっかり頭になく…

今年の10月に青天の霹靂かの如く

『バイクの免許取りに行こう!!!』って急に思いついたのです。

 

そして色々、教習所について調べると

「家からめっちゃ近いやん!!!しかも!二輪専用のコースあるやん!!」

みたいな感じになり、

 

「これ、絶対に取りに行けってことやん!!」

と都合のいいように解釈し、自練に通うことになりました。

 

そうです。FMたまんのCMでもお馴染み

『糸満自動車学校』に普通自動二輪免許取得の為、通いました!!

 

 

通ってビックリ!こんなに教官って優しかったっけ?

自動車学校の教官って、神様みたいに優しい人もいれば、鬼のように

怖くて面倒な人もいるイメージでした。

 

しかし!!!

糸満自練に通ってビックリクリクリクリックリ!!

すべての教官の方々が、優しい。。。

 

これは、時代の流れなんでしょうか。あんなに優しくされると

逆に不安になる世代です!!

 

できてないところは、怒られて育った世代です!笑

兎に角、先生方の優しさに包まれながら、教習は進んでいきました☆

 

入校から約一か月で普通自動二輪免許取得!

10月の中頃に入校して、約1ヵ月で無事に普通自動二輪の免許を取得しました!

技能教習で補修などなく、卒検も一発合格のストレートで卒業しました!!(^^)!!

卒業したのは、よかったのですが、

 

『なんだか、寂しいぞ…(._.)』

そうだ、俺は、まだ、まだ、卒業したくないんだ!!

あいつ(糸満自練)のことが好きなんだ!!!

 

じゃ~また通うしかない!ってことで

次は、大型自動二輪免許取得の為、糸満自動車学校に再入校するのでした。笑

 

大型自動二輪免許取得を目指して。

もちろん、大型バイクに興味がありましたので、通うことにしたのですよ!

 

大型バイクに乗りたいって気持ちが50%。

自練を卒業したくない気持ちが50%。

 

もう毎日、拮抗状態でした!なんの話や!!

 

大型自動二輪の教習時間は、1段階5時間。2段階7時間。

前回の卒業から2年以内の再入校でしたので、入学金(2.2万円)が免除でした。

 

バイクに乗りだしたら早いもので、、、、

11月末に入校して、12月末には卒検合格!!!(^^)!!!

大型自動二輪も補修などなく、卒検も一発合格のストレート卒業でした!!

 

糸満自動車学校に通ってみて

糸満自動車学校に限らず、沖縄は車がないと移動が不便です。

電車がないので、車移動が中心です。

 

ですので、高校生であろう教習生の人数がめちゃ多かったです。

バイクでも若い子が、めちゃ多い印象。

 

しかも、年明けから自練は大混雑するとのことでした。。

 

自練の繁忙期とでも言うのでしょうか。卒業はしましたが、混み具合を確かめたいので

自練に遊びに行ってみようかな~って、どんだけ好きやねん!!

 

自練ぐらい嫁を愛さんかい!!って声が聞こえてきたり、聞こえてこなかったり。

失礼しました。話を戻します。

糸満自練に通って、教習所のイメージが変わりました!!

 

当たり前ですがネットで予約が取れる

このネットで予約が取れるようになってから、一気に教習の負担みたいなものが

減ったんじゃないかと思います。

 

ひと昔前なら、受付に直接予約を取る必要があったような記憶があります。

技能教習を受けて、予約を取って帰る。

勿論、糸満自練もネット予約が可能です。

 

毎晩、22時になるとログインし予約争奪戦が始まります。

毎日、22時の戦いから解放されたのは少し気が休まります。笑

 

ここまでか!ってぐらい親切、丁寧な指導!

 

バイクの技能教習を受けるにあたり、個人個人の力量に合わせて教習を進めてくださいます。

個人個人の力量に合わせるのは、当たり前の話かもしれませんが、これってめちゃ重要。

 

バイクの教習って転倒すると、しばらくちょっとの恐怖心みたいなものが生まれます。

私も自練に通っている間、クランクって課題でスピードが出過ぎて、

 

「やばい!!コーンに突っ込む!!」

 

と焦り、前輪ブレーキをかけるとブレーキが利きすぎて

バランスを崩し転倒したことがありました。

 

転倒は、この1度だけでしたがしばらく、クランク恐怖症になりました。

この恐怖心が残ったままですと、なかなか技術の向上が見込めないと思います。

 

ですので、個人個人の力量に合わせて、丁寧に指導してくれる教官の方々には感謝でした。

しっかり後方確認して、バイクに跨がれただけで

「オッケーです!!いいですよ!!!」と褒めていただけるのです。

 

一人の教習生を、教官みんなで見て指導するスタイル

車の教習ならマンツーマンでの技能教習であることが多いと思いますが

二輪の教習では、助手席たるものがないので、担当教官以外の教官の方からも

アドバイスをいただきます。

 

教官の方々は、無線で連絡を取り合っており、的確なアドバイスを受け取れるようになっています。

『今の一本橋、どうやったかな~』

『今のスラローム、どうやったかな~』

など心の中で、思っているとすかさず、

 

「もう少し、こうしたらいいですよ!」などアドバイスを貰えるので

一つ一つの課題ごとに不安が解消されていきました☆

 

 

二輪専用コースなので、スムーズに教習が進む

(写真は実際のコースではありません)

二輪専用コースですので、二輪コースには当たり前ですが、教習車は走っておりません。

ですので、課題や信号など待ち時間の短縮ができサクサク教習が進みます。

 

二輪の教習時間に、四輪コースを体験で走る時間もあります☆

教習生は二輪の人ばかりなので、卒検のときとか仲良くなって、話したりすることも!

 

実際に教習生と仲良くなって話をするようになり、

「卒検いけました~!大型取りに行ってるんですか?」

 

なんて話をしたり、某有名ユーチューバーの方も通われてました!

もしかしたら、私動画に登場しているかもしれません!笑

 

まとめ

今回は、バイクの免許取得と教習所について書きました!

長年、渋りに渋って行かなかった教習所。

 

糸満自動車学校に通って、教習所の概念が変わりました。

教習所って行くのが面倒なところから、

楽しいところで行き続けたい!って考えが変わりました!笑

 

大型二輪の免許も取得したので、これからは沖縄をドコドコとエンジン音を出して

ゆっくりツーリングしたいなって思ってます!

 

これで、また沖縄を楽しめそうな予感がして、ウズウズしております!

それでは今回は、この辺で☆

モグランキ~👋

 

欲しいバイク候補の一つ、『YAMAHA BOLT Cスペック』

かっこいいー!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
comma

沖縄が好きで、好きでたまらなく
沖縄移住したcommaです!
主に沖縄での日常について書いています☆
お仕事ご依頼などは、『お問い合わせ』から宜しくお願いいたします。

commaをフォローする
スポンサーリンク
commaをフォローする
日常,comma,劇場

コメント

タイトルとURLをコピーしました