沖縄離島旅 竹富島に行ってきた!vol.1

スポンサーリンク
沖縄
沖縄沖縄生活
スポンサーリンク

皆さま、お世話になっております。

沖縄に来てから、台風の直撃を未経験のcommaでございます。

何度か台風の通過は経験しておりますが、直撃は未経験です。

ビクビク震えております。

 

さて今回は、沖縄離島旅と言うことで

【竹富島に行ってきた!vol.1】です。

 

竹富島と言えば、琉球古民家がたくさんある!!

そしてThe 沖縄って風景が広がっているイメージ!!

 

実際は、どうだったのでしょうか~

それでは、行ってみたいと思います!!

 

那覇空港から石垣空港、石垣港からフェリーで竹富島へ

まず竹富島に行くには、飛行機で石垣島まで行かなければなりません。

沖縄は本島しか着たことがなく、石垣島を含め離島は初めてです。

ワクワクさん状態。

もう飛行機の窓側の席をおさえた自分を褒めてあげたいと思いました。

 

石垣港からフェリーで竹富島へ

石垣空港に到着すると石垣港直行のバスに乗り港を目指します。

カリー観光で片道一人500円です。

結構、乗車される方が多いので時間にはゆとりを持って乗車した方が良さそうです。

 

フェリー会社は安栄観光を利用

色々と口コミに書かれている方がおられ少し心配しておりましたが、問題なく利用出来ました!

乗船時間を1本早い時間に変更してほしいとカウンターでおねがいすると、親切に対応していただきました。

 

受付の方が、「何番から出発します」と教えてくれましたが、

万が一、教えてくれない場合でも出発乗り場は、自分で確認すればどこから出発するかわかると思います。

ってかわかります!笑

 

ただ、出航時間ぎりぎりにフェリーに乗り込むと座る席がないかもしれません。

本当に乗客は多いです。特に旅行シーズンは混雑すると思われますので

時間に余裕を持って行動しましょう!!

 

乗船時間は、約15分程です。

 

竹富島へ到着

こちら竹富島に到着した港です。☟

意外に石垣島が近いです。

 

竹富島ゆがふ館

こちらでは、竹富島について島の歴史や行事など勉強できます。

観光前に是非、寄っていただきたい場所です☆

 

島の集落を目指して歩く!!

島に到着した日は、快晴でめちゃめちゃ暑い!!

これ、本島より暑い…(´゚д゚`)

リアルカントリーロード☟(勝手に命名)

おっ!!赤瓦の家が見えてきた!!!

 

集落内に入ると

おっっつ!!!これはまさしく雑誌やテレビで見る光景!!

感動しました。遂に竹富島に来たんだと実感。

 

写真を撮りまくりたかったのですが、ふっと思いました。

『これ、よく考えたらこの島に住んでいる人の家よな』と。

ですので、写真撮影は慎重に。

あまりに暑いもんで、何か飲みたい!休憩したいとお店に立ち寄るも、閉まってました…。

宿のチェックインまでぶらぶら

抜群の天気で美しい光景。

道にはゴミ一つなく本当にキレイでした。

あまりの暑さと空腹で島の沖縄そば屋に行きました。

数十組待ちでしたが、疲労困憊だった為、順番待ちしました。

疲れていて、そばの写真を撮り忘れてしまった…(´゚д゚`)

 

次回はチェックイン後を書きます。

初めて竹富島に行ったのですが、まず一つ感想。

観光客がめちゃめちゃ多い!!(´゚д゚`)!!

 

こんなに観光で来られる方が多いのかとビックリがビックルになるぐらビックリ、、、あれ?

ビックルしました!!(ややこしい)

 

夏の沖縄旅行の人の多さ、なめてました。

島内はレンタサイクルで溢れかえっておりました。。。

 

そんな中でも、日焼けと言うかヤケドしてるぐらい真っ赤になっている方もおられました。

本当に気を付けてください。沖縄、特に離島は相当紫外線が強いと思います。

日焼け対策、おすすめします。

 

兎にも角にも豚の角煮にも、竹富島の風景は素晴らしい!!!

竹富島には、入島料と言うものがあります。

 

美しい竹富島の風景を維持していくためにも入島料300円を払っていただけると助かるとのことでした。

入島料は、強制ではなく任意となっております。

入島料を払うと、入島証明書と方言シールなどが貰えます!!☟

ちなみに相方に、いつもありがとうの意味を込めてシールを渡しましたが、無反応でした。笑

ってな感じで、竹富島に行ってきた!vol.1でした!!

次回は、竹富島に行ってきた!vol.2(泊まった宿などについて)を書いていきたいと思います!!

 

それでは、この辺で~

モグランキ~👋

この記事を書いた人
comma

沖縄が好きで、好きでたまらなく
沖縄移住したcommaです!
主に沖縄での日常について書いています☆
お仕事ご依頼などは、『お問い合わせ』から宜しくお願いいたします。

commaをフォローする
スポンサーリンク
commaをフォローする
日常,comma,劇場

コメント

タイトルとURLをコピーしました