二泊三日で波照間島に行ってきた 。1日目

スポンサーリンク
沖縄生活
沖縄生活
スポンサーリンク

皆さま、お世話になっております。

 

昨晩、お酒を飲んで寝ていると夜中に

「いびきよ!!!」と嫁様に眉間に皺を寄せていいはなたれ、

歯ぎしり用のマウスピースを外して眠りについたcommaです。

 

はい。何の話かも分かりません、そして、どうでもいい話なのです。はい。

 

と言うことで、今回は

『二泊三日で波照間島に行ってきた 。1日目』

 

この夏は、竹富島にも行きました。その流れで波照間島へも行きました!!

ってことで、波照間に行った時のことを書きたいと思います。

 

台風11号の影響が心配ですが、、、、

それでは、いってみよう~

 

波照間まで行く方法

空港から港までの移動はバスが中心になると思います!

 

石垣空港から港直行のカリー観光

石垣空港からフェリー乗り場がある港まで直行のバスがあります。

 

カリー観光バスの乗車価格は、大人 片道500円(小人250円)、往復900円(小人450円)です。

 

約30分の道のりです。

 

石垣港から波照間まで行くには、安栄観光を利用

波照間に行くには、フェリーを利用する必要があります!

波照間行きは、安栄観光からフェリーが出ています。

同じフェリー会社の八重山観光からは、波照間行きはないので注意!

 

 

フェリーの乗船料金、乗船時間、WEB予約がお得!!

石垣島→波照間の通常料金は往復8750円

事前のWEB予約で往復7530円でした。

渡航時間は約80分。

 

WEB予約では、乗船料金は安くなるのですが、乗船する際に

QRコードを読み取ってもらうのですが、この読み取りが中々、スムーズにいきません。笑

 

ですので、チケットにて乗船される方がどんどん船内に。。。。

席がなくなるのではないか!って少し焦りました…(;’∀’)

 

 

フェリーに乗る際の注意すること!

朝8時の便は込みやすい便とのことでしたが、早く行きたいとのことで

8時の便で行くと、大混雑でした(´◉◞౪◟◉)

 

観光シーズン時の朝8時の便に乗られる方は、

最低でも出発10分前に並んでおいた方がいいかもしれません。

そうしないと席が限りなく少なくなります。

 

私達が行った日は、『波が高いから揺れる』とのことでした。

そんな大したことないやろ~って余裕をこいてたら、

もう船が飛んでるんじゃないかってぐらいの揺れ(´◉◞౪◟◉)

 

気分が悪くなった時ように黒い袋を配っている船員。

波照間までこの戦いに勝利できるのか。。。

 

青ざめた顔をして、次々に黒い袋を手に持ちトイレに消えていく乗員。

横では、小さな子供が黒い袋に向かってリバースダイブ。

中々、厳しい戦いでしたが無事に波照間港に到着できました。

 

波照間島に初上陸

これが波照間か~って感動が押し寄せてきます。

海の色がもう、もう、もう…って牛かいな!!!綺麗だな~

 

集落を目指して歩く

これが波照間か~今、波照間を歩いているんだな~って感動。

 

コート盛(国指定史跡)

コート盛は、琉球王朝時代に作られた火番所で、

『先島諸島火番盛(さきしましょとうひばんむい)』のひとつです。

 

琉球石灰岩を積み上げた火番所で、琉球王朝時代に建てられ、

海上や往来する船を監視して烽火を揚げたと伝えられています!

 

コート盛に登ってみた

コート盛は登ることができます!登ると島をぐるりと一望できます。

かつてここには村の番所があり、そこに併設された遠見台だとされています。

右手に見えるのが、おそらく『西表島』ですね~

のどかな波照間を眺めることができます。☟

 

一番初めに出会ったのは…

ヤギが道端に繋がれてました。

ヤギも暑いのか休憩中。

 

波照間を探索

知り合いから車を借りて、島内を探索しました。

 

遊泳できるニシ浜

波照間で遊泳ができるニシ浜。

写真を撮った日は、曇っていましたが海の青さはわかりました!

牛の放牧

牛や山羊が放牧と言うか放し飼いにされていて、のどかな光景。

 

養蜂

私commaの知り合いの方が、養蜂をしておりハチミツがマジで美味しいんです。

なので、私も養蜂に興味があります。

波照間で巣箱を発見しテンションが上がりました!!

 

遊泳は禁止!ブドゥマリ浜

遊泳禁止の浜『ブドゥマリ浜』

遊泳ができないので、人は誰もいませんでした。

潮が引いてますが、美しい。

 

晩御飯は共同売店で購入

島内には、写真のような共同売店があります。

売店では、惣菜、お弁当、飲料水(お酒も)、生活用品、お菓子等々、生活に必要な物が販売されてます。

離島で輸送のコストもかかっている為か、商品の価格は高いです。

昨日サンエーで、じゃがりこが105円ほどでしたが、売店では160円ほどしておりました。

 

一日目のまとめ

波照間島と言えば、何年か前に家をリフォームする番組で、

古民家をリフォームする様子が放送されていました。

 

そのリフォームをしている家族の奥さんが、なんと知っている方でした!!!

ホンマにビックリでした!!笑

 

それ以来、波照間島を知りまして、いつか行きたいな~って思っていたわけです。

今回、奥さんの友人が波照間にいるとなったことから、波照間に行くかってなったんです!

色々なことが重なり波照間に行ったわけですよ!

 

って何もまとまってないですが、、、、、(´◉◞౪◟◉)

 

今回は、一日目の様子でした。

最終日のまとめでは、島内のことについて、まとめたいと思います!!

 

それでは、今回はこの辺で~

モグランキ~👋

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
comma

沖縄が好きで、好きでたまらなく
沖縄移住したcommaです!
主に沖縄での日常について書いています☆
お仕事ご依頼などは、『お問い合わせ』から宜しくお願いいたします。

commaをフォローする
スポンサーリンク
commaをフォローする
日常,comma,劇場

コメント

タイトルとURLをコピーしました