『沖縄移住するのに、荷物はどうやって運んだのか!?』

スポンサーリンク
沖縄移住
DCIM100MEDIADJI_0284.JPG
沖縄移住
スポンサーリンク

どうも!

commaです!

沖縄で生活して、1週間!

だいぶ慣れてきました!

今回は、タイトルにもあるように

沖縄移住に伴い、荷物をどのようにして送ったのか!!

について、書いていきたいと思います。

それでは、いってみよう〜

大型家電は処分

初めは、大型家電を沖縄まで運ぼうと思ってました。

とある引越し業者で、見積りを取った際にやはり、引越し代金がそこそこするんですね。

 

引越し代金を浮かすには、どうすればいいか?

はい!大型家電は処分!!

沖縄に行ってから、購入する!!

って事で、冷蔵庫、洗濯機は処分しました。

 

処分って言っても知り合いに引き取ってもらったって形です。

その他のゴミは、市が回収している施設に持って行きました。

ほとんどのゴミが捨てることが出来ました!

 

値段も10㎏で120円とかでした。

70㎏ほどあったので、840円でした!

ゆうパック

田舎の小さな郵便局へ

安くて、便利なのがゆうパック!他の移住者の方も利用されている記事を見て

ゆうパックを使うぞ!って思ってました。

 

とりあえずダンボールに荷物を詰め込み、詰め込み、詰め込む!

隙間があれば、隙間産業の如く、パンパンになるまで詰め込みました。

とりあえず18個分のダンボール。

 

よし!荷物は、詰めたし後は郵便局に持って行くだけ!!

手伝ってもらってた方の車に荷物を積み込み、郵便局へいざ出発!!

 

行く予定だった郵便局への道を間違えて、小さくて駐車場が広くて

お客さんが少ない、郵便局へ行くことになりました(‘;’)

 

これで、荷物はスッキリ!!!

ようやく落ち着けるって思ってました!

落とし穴

郵便局へ着き、局員の方に

comma:「ゆうパックが18個ありますが、持ってきてもいいですか?」

と確認しました。

 

局員:『じゅ、じゅ、じゅ、18個ですか!??(´゚д゚`)』

 

もしかしたら、この郵便局のゆうパック記録を作ってしまったのではないかと

言うぐらいの焦りよう。笑

 

局員『ちなみにどちらまで、送るのですか?』

 

comma「沖縄までです」

 

局員『お、お、お、沖縄ですか…( ゚Д゚)ととととりあえず、中に運んでください!』

 

ってことで、台車を借りて局員の方も手伝って頂き18個運びました。

 

局員:『とりあえず送り状を荷物分書いてもらいたいんです』

 

そうか~18枚書かなあかんのか~忘れてた~って感情が溢れてきます。

 

局員:『あと、航空便になるので、荷物にこのような物は含まれてませんか?含まれていたら送れないのと、送り状に何が入っているのか事細かく書いてください…』

 

そう言って、局員が見せてきたのがこちら☟

航空機による輸送ができないものは?

 

 

局員からのあまりにも強い会心の一撃。

 

そうです。

 

私、commaは荷物を詰める際、隙間産業のごとく隙間に荷物を詰めまくっていたのです。

アウターや靴、本など大きい物はわかりますが、小さな電池類などはどの段ボールに

入っているのかなんて、わかるはずもありません。

 

郵便局内で、絶望的に立ち尽くす自分。

沖縄には簡単に行かせてくれないのか。

こんなにも高い壁があるなんて…。

局員から更に追い込みの一言。

 

『一旦、家に持ち帰ってもらって確認してきてもらうしか…』

 

 

絶望的( ゚Д゚)(-_-)(´_ゝ`)(-_-)(*_*)(:_;)絶望的

 

なぜそこまで絶望的になっていたかと言うと

この荷物を運んだのが、1月20日。

1月22日に沖縄へ行く予定でした。

ちなみに1月21日は、家族と会うので厳しい。

しかも手伝ってくれていた方のボックスカーじゃないと運べない。

色々な理由が重なり、放心状態。

 

まさに脳内に「チ――――ン」って音が流れ続けている状態。

そんな私を見て、手伝ってくれていた方が

「ここで開けるしかない」

その言葉で、我に返り局員の方にこう言いました。

 

comma「ここで荷物を開封して確認させてください!!!!」

 

18個開封劇

とにかくどこに何が入っているか、わからないので開けまくりです。

折角、苦労して詰め込んだのに、開けては中身を確認し、送り状に細かく記入。

 

しかもこの作業をしているのは、郵便局員が仕事をしている場所に

お邪魔して行っていました。

局員3名、私comma、手伝ってくれている方1名で作業を行ってました。

ホンマに迷惑な客です。。。

 

何も考えやんと荷物を詰め込んでいたので、小銭何かが出てきて

 

局員:『お金は絶対にダメですよ!!!!』

 

ちょっと怒られました(/ω\)

 

何とか、すべての荷物を調べて航空便で送れない物は、陸送で送るとなりました。

持ち込んでから、1時間半ぐらいかかりました。

 

郵便局の皆さん本当にありがとうございました<(_ _)>

 

お会計

もう疲れ果てて、会計がどれぐらいになるのかどころじゃなかった。笑

予算は、5万円ぐらいかな~って思ってたのでそれぐらいの金額は用意してました。

結果:

持ち込み割引120円+複数口割引60円=荷物1個につき180円割引あり

*金額は、割引後の金額です。

100サイズ(1720円)×11個=18,920円

120サイズ(1990円)×6個=11,940円

140サイズ(2260円)×1個=2,260円

合計:33,120円

 

安い!!

それが正直な感想でした。

あんなに手伝ってもらったのに、3万円ちょっと。

申し訳ない気持ちでしたね。

最後には、ティッシュまで頂き本当に感謝です!!!

 

車に積める荷物は、車へ

車に積める荷物は、車に積みまくりました!

おかげで、ルームミラーで後方を確認することはできませんでした。

 

ちなみにルームミラーで後方確認できなくても違反じゃないそうです。

助手席に荷物を積み過ぎて、確認が出来なければ違反になるそうです。

 

とりあえず、ゆうパックは送りましたが部屋には荷物が残っています。

既に車は、パンパン。

もう入らない。けど荷物はある。。。。

 

ゆうパック追加するしかない……(-_-)。

 

夜中に段ボールを集めることになり、結局3個追加でゆうパックで

荷物を送ることに。

 

もう一回、手伝ってもらった郵便局へ荷物を持っていくのは、さすがに恥ずかし

かったので、違う郵便局へ持って行きました。

 

3個で送り状も完璧にし、中身も何が入っているのか完璧に把握。

処理は5分程で終了。

 

100サイズ(1720円)×3個=5,160円でした。

なので、33,120円+5,160円=38,280円

21個でした。

 

上記の値段が、ゆうパックにかかった値段です!!!

それでも4万円以内。

安いですね。

 

車に詰め込んだ荷物と私commaは、大阪~鹿児島、

鹿児島~奄美大島~徳之島~沖永良部~与論~本部

経由で沖縄へ行きました。

 

この時の旅については、また別記事に書きます!!!

まとめ

ゆうぱっくに落とし穴があるなんて。

本当にいい勉強になりました。

 

ゆうパックで荷物を運ぶのは、安いですしおすすめです。

もし、沖縄移住を考えている方で、ゆうパックの利用を検討している方は

航空便の事を頭に入れておいてくださいね!!

 

あと、少し注意することですが今回、私commaは車に荷物をパンパンに詰め込みました。

人+車でのフェリーでは、荷物に関しては一切の確認はありませんでした。

 

しかし、人は飛行機、車はフェリーで送る場合、車に荷物を積んでいると

車を預かってくれないことがあるようです。

 

最近、厳しくなっているとのことです。

詳しくは、輸送会社にて確認した方が良いと思います。

 

今後は、

『沖縄までのフェリー旅 大阪~鹿児島』

『沖縄までのフェリー旅 鹿児島~沖縄』

『単身者が、実際に沖縄移住にかかった費用』

等々、書いていきたいと思います!

(追記:上記の記事は作成済みです!読んでみてください!(^^)!)

それでは、今日はこの辺で~

モグランキ~👋

この記事を書いた人
comma

沖縄が好きで、好きでたまらなく
沖縄移住したcommaです!
主に沖縄での日常について書いています☆
お仕事ご依頼などは、『お問い合わせ』から宜しくお願いいたします。

commaをフォローする
スポンサーリンク
commaをフォローする
日常,comma,劇場

コメント

  1. […] 記事はこちら☞沖縄commaブログ☆『沖縄移住への道 荷物郵送編』 […]

  2. […] ☞沖縄commaブログ☆『沖縄移住への道 荷物郵送編 […]

タイトルとURLをコピーしました